農業界地図ロゴ

2019年03月31日

2018ミライの農業をつくる3DAYSインターン 【受講生 追跡取材】

2018ミライの農業をつくる3DAYSインターン


2018年夏〜冬にかけて開催された「3DAYSインターン」。受講生の方はどのような想いで受講をしていたのでしょうか?今回は、「VOICE」2018秋号でも取材をした学生さんを追跡取材しました!


2018ミライの農業をつくる3DAYSインターン 【受講生 追跡取材】

「もっと考えて農業をしなくては、と思い直すようになりました」。
そう話すのは「2018ミライの農業をつくる3DAYSインターン」夏・冬に参加した佐藤利城さん(20)。この3月に山形県農林大学校を卒業し、家業へ就農した佐藤さんに、就農のきっかけや今後の目標などを伺いました!

―就農を目指したのはいつ頃ですか?
 中学生の頃ですね。当時はパティシエになりたかったのですが、祖父母に「農家の長男でしょ!」と怒られ家業を継ぐことになりました。反抗期だったことと、自分の目指す道が中学生にして閉ざされてしまったことから、最初は就農するのが本当に嫌でしたね。
 その考えが変わったのは大学校へ進学してからです。同期はみんな農業に熱い想いがあり、とても感化されました。また、学校の視察研修で行った農業法人さんが加工品の製造もされていて、「農業をしながらパティシエの様なこともできるなら面白そう!」と思うようになりました。加えて、叔父に言われた「人と同じことをしていても意味がない」という言葉にも感動して、「新品種に取組みたい!農業でトップになりたい!」と思うようになり、ハウスでトマトと「ぷちピー」という新品種のピーマンを生産することに決めました。
 ただ、この地域は稲作地域で園芸をしている方がほぼいなくて、しかも親とも祖父とも異なる農業経営をしていくので、農地や道具はありますが、それ以外はゼロから始めなくてはいけないため、就農にはすごく不安がありました。そんな時、友人から誘われて「3DAYSインターン」に参加しました。

―どのような学びを得ましたか?
 僕は夏(開催地:千葉県)と冬(開催地:東京都)の2回参加しました。
 夏は、ハウス(水耕栽培)でサンチュ等の野菜を生産されている浪川さん(有限会社GFK 代表取締役)を訪問し、実際の現場を見たり、農業経営や栽培についてみっちり教えていただきました。浪川さんがされている農業経営は僕が目指す規模の農業経営に近いこともあり、具体的な目標ができました。本当にすごく勉強になりました。

 
(左)GFK浪川社長から施設の説明を聞く
(右)グループワークで学んだことを共有

 冬は、様々な講師の方から多種多様なお話をお聞きしましたが、特に針生さん(株式会社舞台ファーム 代表取締役)に自分の目指す農業経営についてプレゼンした時に「夢だけでは駄目だ」と言われたことが胸に刺さりました。これまでそういう話をすると「頑張ってね」「応援してるよ」とエールをいただくことはあって、それはとても嬉しいことですが、ダメ出しをしてくれる人があまりいなかったので、「もっと考えて農業をしなくては」と思い直すようになりました。自分を見つめ直すきっかけになり、参加して本当に良かったです。


△針生社長の前でプレゼンする佐藤さん

―実践者の方のお話は沁みますよね。最後に今後の目標を教えてください!
 若い人の目標になる農業者になりたいですね!そのためには儲けることが重要だと思うので、生産技術を身につけて販路開拓をして、どんどん売上を伸ばしていきたいと思います。
 農業は自然と関わりながら自分で考えて仕事ができる魅力的な産業です。今後は小学生を対象にした農育・食育にも取組み、魅力を伝えたいですね!


主催者

(株)マイファーム 育てる事業部
https://agri-innovation.jp/3daysintern/



※記載情報は取材当時のものです。
※無断転用・転載・改変を禁止します。引用の際は、当社までご連絡ください。

【● 2018ミライの農業をつくる3DAYSインターン【マイファーム】の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: